ぱらいそさいくだ

奈良からカブでお寺をめぐるブログ

ネットと100均ですべて調達 西国三十三所巡礼に必要なもの一式

f:id:mecc:20181006015136j:plain

数年前に御朱印ブームがあり、普段お寺とかに行かない若い人が、山ガールのようなカラフル・カジュアルな格好で、四国のお遍路を巡っているのをテレビでやっていて、自分もやってみたいと思いました。 

まずはじめたこと 

何もわからないので、とりあえず本屋に行くと、特集の雑誌や御朱印めぐりの旅行本がたくさん置いてありましたが、数が多くてどれを選べばよいかわかりません。一度帰って、ネットで検索します。四国お遍路88霊場めぐりとは別に、西国33観音めぐりがあるとわかりました。四国だと行くだけで必ず泊になるので、関西なら日帰りで行けるし、まずはこちらからかなと。

 

この西国33で、ガイド本で何か良さそうなものはないかと検索していると、JRとお寺のコラボ「西国三十三所をめぐる本―駅からはじまる西国三十三所めぐりスタンプラリー公式 」社出版(えるまがMOOK) がよさそうに思えました。ネットの評判を見ると、雑誌が小ぶりで持ち運びが便利で、その割には情報が多いのと、決め手は33箇所のお寺の最寄り駅でスタンプを押してもらい、そのスタンプを全てコンプリートすると、特製の散華(さんげ)の台紙をもらえるということ。

 

せっかく33箇所まわるなら、コレクション的な要素もあったほうが楽しいし、33箇所は結構な長期戦になりそうなので、途中で投げ出さないモチベーションの持続にもよさそうと思いました。価格も500円程度なので、満願し散華台紙をゲットすれば、500円もペイできそうです。近くのイオンモールの本屋に行ってみると、意外にも普通に置いてありました。マイナー本でネット注文しないと手に入らないかと思っていましたが意外です。

 

お参りグッズの調達 

早速買って家で読んでみると、最低限でも御朱印をしてもらう御朱印帳(約2000円弱)と、願いを書く納札(100円)が必要とのこと。これはさすがにその辺で買えないし、何屋で買えるのかもわからないので、ネットで検索しました。

 

御朱印帳
西国三十三ヶ所霊場順拝の納札
御朱印帳と納札

御朱印帳の種類はたくさんあったのですが、御朱印を書いてもらっても、どんなお寺だったか忘れてしまいそうだったので、写真かイラストが入っているものがいいなと思いました。

御朱印帳の水彩画イラスト

御朱印帳の水彩画イラスト

小物は100均が便利

そのほか数珠(ダイソー100円)、ロクソク(ダイソー100円)、線香(ダイソー100円)、プラスチック製の線香ロウソクケース(ダイソー100円)、普通のライター(ダイソー100円)、USB充電ライター(ダイソー200円)、白色の道具一式入れ(セリア100円)、日焼け止め(ダイソー200円)を購入しました。あと、般若心経が書かれた写経練習帳(ダイソー100円)もあったので、それを経本がわりに買いました。

ダイソーで購入した数珠
ダイソーで購入したロウソクと線香
数珠とロウソクと線香
ダイソーで購入したプラスチック製ケース
ダイソーで購入したライター
プラスチック製ケースとライター
セリアで購入した道具一式入れ
ダイソーで購入した日焼け止め
道具一式入れと日焼け止め

ライターは基本は御灯明と書いている普通の方を使っていますが、風が強い時はUSBライターが役にたちます。USBの方はスライドさせると、電熱線みたいなウズマキが出てきます。

ダイソーのUSBライター起動時
ダイソーの写経練習帳
USBライター起動時と写経練習帳

これでとりあえずお参りはできる状態になりましたので、買った本を見ながら一番行きやすそうなお寺を選ぶことにしました。揃えたばかりのお参りセットを原付に積んで、休日に33箇所をまわっていきます。