ぱらいそさいくだ

奈良からカブでお寺をめぐるブログ

屋根が崩落したスーパー銭湯へ久しぶりに行ってみた

f:id:mecc:20181228000708j:plain

奈良市押熊町にあるゆららの湯押熊店へ知人と行ってきました。

 

場所

 

事故のあらまし

平成30年の7月に男湯の露天風呂の屋根が崩落し、男性1人が死亡、男性2人がけがをしました。自分もよく行くスーパー銭湯なので、もしかするとタイミング次第で自分も事故に遭っていた可能性があったことと、そして床で滑って頭を打ってという自らが原因の事故は聞いたことがあっても、屋根の下敷きになるなんて聞いたことがなく、この事故は衝撃的でした。もし自分にその災難が降りかかってきた場合は、避けようがないといいますか、屋根崩落なんて予想だにしない意識の外側です。銭湯側の過失で人も亡くなっているので、事件直後はこのまま潰れるのではないかと思っていました。

再オープン 

事故の約2か月後の9月末に再オープンしました。重大事故があったので、再発防止には万全を期しているはずですので安全だとは思いますが、やっぱり少し恐いのと、湯船で人が亡くなっているので気分的に少し嫌だなという気持ちもあって避けていました。

久しぶりに行ってみた

12月に知人とスーパー銭湯に行こうという話になり、久しぶりに行ってきました。ゆららの湯押熊店を外して考えると、次に近いところは奈良市中心部で道路が混むため、生駒市奈良市の国道163号線沿いに住んでいる人は、やはりここが行きやすいのです。
行ったのは土曜日の15時頃。広い駐車場がありますが、半分ぐらいは車で埋まっていました。この時間帯でこれだけ入っていましたら流行っていると思います。

ゆららの湯押熊店

駐車場の混み具合

バリ風呂へ

受付横にある自動券売機で入場券を買いますが、値段は安くなっているわけではなく、事故前と同じ770円(土日祝)です。知人の話だと、再オープン直後は半額クーポンや割引キャンペーンなどもあったようですが、12月現在は通常料金でした。 

ゆららの湯 押熊店

券売機 土日祝は大人770円

湯船へ向かうと左右で男湯と女湯に分かれており、純日本風とバリ風が1週間交代で、男湯女湯が入れ替わります。事故があったのはバリ風の方で、この日は男湯がバリ風だったので正に事故があった湯船の方でした。脱衣所内は結構人がいる状態です。湯船への扉を開けると、屋内には炭酸風呂があり、奥にはサウナと水風呂があります。炭酸風呂はぬるめで、1分も入っていると体中が小さな泡につつまれます。炭酸風呂からは、外の露天風呂がガラス越しに見渡せるようになっています。

ゆららの湯押熊店

エントランス

バリ風呂の露店風呂エリア 

屋内よりも屋外の露天風呂エリアの方が2倍程広いです。そして、バリ風の大きな石でできた滝があり、そこから流れる水が、露天風呂エリア内の小川を流れていていたり、壁には富士山の代りに青い海の景色が描かれていたりとリゾート感があります。
湯船は、中央に四角い湯船と小さな円形の湯船が1つ、隅の方にも四角い湯船と霧サウナがあり、湯船には全て屋根がついています。事故があったのは中央の四角い湯船です。知人の話では、ちょうど事故の1週間前ぐらいにも行ったのですが、確かに柱は少し傾いていて気になっていましたが、傾いていたのは前からなのであまり気にならなかったと言っていました。自分が同じように見ていたとしても、銭湯側で当然安全点検とかしているはずだから大丈夫だろうと思ってしまいます。もちろん崩落の屋根は新しくなっていて、となりの小さな円形湯船も新しい屋根に変わっていました。隅の方の四角い湯船は、少し使い込んだ感じがするバリ風屋根なので、こちらは変えていないのでしょう。

ゆららの湯押熊店

風呂の見取図

気にする人は少ないのかも

事故があった湯船にはむしろ人が多く居て驚きました。広くて中央にあり、確かに入りやすいですが、人が亡くなっているところなので、避けがちになるのかなと思っていました。銭湯に来る人は、事故の事をあまり気にしていないと思いました。いっしょに行った知人も、全く気にならないし事故があったので逆に銭湯側が安全には敏感になっているだろうと言っていました。

オススメの風呂は霧サウナ

内部は霧で満たされているのですが、ブルーライトの照明で青白いです。足首まで水が浸かる程度のお湯が張ってあり、細長い部屋の左右の壁際に椅子が設置されています。椅子に座ると、霧で近くに人が居る程度はわかりますが、顔まではわかりません。大きな霧の塊に包まれているような感じがして居心地よかったです。自分はサウナがあまり得意ではないので、心地はよかったですが、5分ほどでギブアップしました。サウナにはいると息苦しくなってしまい我慢できなくなります。

感想

スーパー銭湯として普通によい銭湯です。浴槽内は、フルリニューアルしたわけではなく、事故があった屋根と隣の屋根を改修したのみです。客足などは全く影響はないように思えました。やはり国道163号線沿いエリアではここ以外にはなく、自分は少しは事故の事が気になっていますが、道が混む奈良市内の銭湯までわざわざ行くのなら、気にしないようにしてここでよいと思いました。

ゆららの湯押熊店

巨大燈籠